今週参加できる「ノンスモーカー限定」婚活パーティー

「ノンスモーカー限定」婚活パーティー

結婚相手として、ノンスモーカー希望という男女が増えています。婚活パーティーに参加する=結婚相手を探している、わけですから、お相手に対して様々な条件があるでしょう。中でも「譲れない条件」として、相手が喫煙しない人、ノンスモーカーという人が多いんですね。これは、喫煙の習慣は例えば「子どもが出来たからといって」簡単にはやめられない事や、家庭の基本として「家族の健康」がある事も理由にあるようです。

それと、ひと昔前まではテレビドラマでも「タバコを吸うシーン」が多かったように、ひとつの「かっこいい仕草」でもあった喫煙が、今では逆に「健康管理が出来ていない人」というイメージに定着しつつあるのも理由かもしれません。「タバコを吸わない人がいい」そんな男女のために、今週開催される「ノンスモーカー限定」婚活パーティーで、条件に合う相手を見つけましょう!

「ノンスモーカー限定婚活パーティー」が人気の理由は3つ

(1)喫煙者とは絶対一緒に暮らせない!と譲れない条件
(2)婚活パーティーで「タバコを吸いますか?」とは聞きづらい
(3)価値観が似ているタイプと出会える

(1)喫煙者とは絶対一緒に暮らせない!と譲れない条件
タバコ、は、習慣として簡単にやめられません。結婚相手に対する条件は、色々とあるでしょうが、喫煙、に関しては、「タバコを吸ってても、子どもが出来たらやめてくれるならいい」といった、曖昧な約束事では安心できない面があります。タバコの煙類が耐えられない、という人もいるでしょう。譲れない条件だからこそ、婚活パーティーでも「ノンスモーカー限定」に参加したいという男女が多いようです。

(2)「タバコを吸いますか?」とは聞きづらい
とはいえ、婚活パーティーで、「で、あなたはヘビースモーカーですか?」などとは聞けませんね。最近のプロフィールカードには、喫煙の有無がありますが、実のところ、この辺りは「喫煙しない」に○をつけていても、飲むと吸う、とか、たまに吸う事がある、といった人もいるようです。ストレートに相手に確認したい条件であるけれど、聞きづらいだけに、ノンスモーカー限定とハッキリ、参加者の対象条件になっている方が安心ですね。

(3)価値観が似ているタイプと出会える
喫煙する、しない、というのは、健康に対する考え方や、ライフスタイルにも通じるものがあります。タバコを吸わない人がいい、という時点で、子どもを産んだ時の環境、結婚後のふたりの健康に対する考えた方などが一致する場合が多い。価値観は、相手に合わせて変えていくのが大変難しいものです。ノンスモーカーというキーワードから、自然とふたりの価値観の一致、が見えてきます。似ている考えを持っている異性となら、カップリングはしやすいのはもちろんですが、結婚を見据えて考えても、「それから先も、きっとうまくいく」そんな出会いがあるはずです。

婚活パーティーならノンスモーカー同士の出会いが見つかりやすい

例えばナンパしたり、合コンや街コンで出会ったりした場合、相手が喫煙者かどうかは、最初はわかりづらいですね。上記に挙げたように、初対面でいきなり「タバコ吸いますか」などとは聞きづらいものですから。

禁煙限定の婚活パーティーなら、そんな心配はいりません。

「なぜ禁煙・ノンスモーカー男性」が婚活パーティーで人気なのか

・カップリング率で結果が出ている!「ノンスモーカー」人気
IBJ、パーティーパーティーの調査結果を見ると、カップリング相手として指名される男性の、約9割が非喫煙者です。多くの女性にとって、ただの恋人ではなく、結婚相手として男性を見た時に、喫煙しない人が理想的と言う事でしょう。

・結婚=出産と考える女性が多い
喫煙自体は、女性が若く、シングルの時にはさほど気にならないかもしれません。でも、婚活パーティーのゴールは「結婚」です。結婚相手として考えた時、当然ながら、子どもが生まれ、家族を作る、といったライフスタイルが見えてきます。出産、子育てでは、家庭に喫煙者がいると、ケンカの原因になりやすい。「ホタル族」などと言いますが、なるほど、子どもが出来たから、喫煙者がベランダでタバコを吸うという配慮はできるかもしれません。でも、その場合、本人はどうでしょう。喫煙、タバコを吸う事でストレス解消、仕事の疲れが癒されるという人がいるのも事実です。家族の為に、無理な我慢をする事は、結局、夫婦関係のケンカのタネとなりかねません。だったら、最初から、お互いに「タバコは吸わない」人同士の出会いのほうが、うまくいくと言えるのではないでしょうか。

「タバコを吸わない人」は「タバコを吸う人」を理解できない

ここがとても重要なのですが、

タバコを吸わない人は、タバコを吸う人の事が理解できない

という点です。要するに、ノンスモーカーの人にとって、どれほど好きな人でも、その人がタバコを吸うという事に関しては、認められない。理解できない。この溝はとても、大きなものです。例えば、目玉焼きに「ソースをかけるか」「お醤油か」「ケチャップか」というのは、たいした問題ではありません。相手がソースをかけているからといって、嫌悪感を感じる人はいないでしょう。が、喫煙は別です。好きな相手でも、目の前でスパスパとやられたら、だんだんとイライラが募ってきてしまいます。

結婚は、こうしたお互いの習慣や、育ちからくる「差」を、いかに理解し、あるいはお互いに譲り合っていくか、というのが重要です。が、喫煙は、なかなか、吸う人と吸わない人で理解し合うというのが、難しい問題です。それなら、最初から、「吸わない人同士」の出会い限定の婚活パーティーに参加する方がうまくいきそうですよね。

婚活パーティーでは「相手に対する条件の優先度」が大きなポイント

喫煙に限りません。誰でも結婚する相手に対しては、様々な条件や希望があります。

・共働き希望なので、家事ができる男性がいい
・専業主婦で家庭をしっかり守って欲しい
・低収入なので、女性に働いてもらいたいが、キャリア志向は違和感を感じる
・自分のキャリアを全うしたいので年下男性でイクメン、協力的な男性がいい
・年収700万は絶対に譲れない
・料理ができない女性は困る

……やれやれ、相手に対する条件は、挙げていけば、キリがありませんね。
でも、それは悪い事ではありません。お互いに相手に対する希望がマッチすれば、交際期間中だけでなく、結婚後もうまくいく可能性が高いからです。婚活パーティーに参加するのは、最終的に結婚相手を見つける事だけに、この「条件」は思った以上に大切です。

ですが、「背が高くて」「年収800万以上で」「都心に持ち家がある」「車を持っている」「家事を一緒にしてくれる」「ノンスモーカー」「趣味が一緒」

と、網羅した条件すべてに一致する異性との出会いは、早々ありません。だとしたら、優先順位の問題になります。その中で、「背が高い」は、最終的に「自分よりは背が少しでも高ければいい」となるかもしれないし、「車がなくても、免許は持っていて、旅行の時にはレンタカーで出かける」など、妥協点は見つかるかもしれません。

ところが、喫煙は、お互いの「妥協点」が見つからないのがネックです。だからこそ、最初から優先順位ナンバー1として、「喫煙しない人」限定で出会いを探すのは、ムダな時間を費やすことなく、理想の相手と出会える可能性が高まるメリットがあります。

関連記事

未分類 自己紹介をマスターして「パーティーパーティー」のプチお見合いでカップルになろう!

自己紹介をマスターして「パーティーパーティー」のプチお見合いでカップルになろう!

自己紹介をマスターすれば、プチお見合いカップリング率もアップ! パーティーパーティーでは、プチお見合いが多く開催されています。個室婚活スタイルなので、最初の自己紹介とプロフィールカードの書き方が大きなポイントになります。もちろん、他の婚活パーティーでも「上手な自己紹介」がカップリ...

未分類 婚活パーティー後「カップルになったら」その後の流れと真剣交際までのポイント

婚活パーティー後「カップルになったら」その後の流れと真剣交際までのポイント

婚活パーティー後「カップリングに成功!」その後の流れが重要 パーティーパーティーはカップリング率が高いのが評判です。では、婚活パーティーでカップルになれた後は? 婚活パーティー後のポイントをすべて教えます! 婚活パーティーでカップルになった後「デートに繋がるステップ3つ」 めでた...

未分類 東京で大人気!PARTY☆PARTYで参加すべきオススメ婚活パーティー

東京で大人気!PARTY☆PARTYで参加すべきオススメ婚活パーティー

東京で開催中!人気のある婚活パーティーに参加してカップルになる! 大都市東京だからこそ、の、婚活パーティーがパーティーパーティーで、開催されています。例えば、埼玉、千葉、神奈川といったエリアからも、東京開催の「こんな婚活パーティーなら、ぜひ参加してみたい」わざわざ参加したくなる、...