自己紹介をマスターして「パーティーパーティー」のプチお見合いでカップルになろう!

自己紹介をマスターすれば、プチお見合いカップリング率もアップ!

パーティーパーティーでは、プチお見合いが多く開催されています。個室婚活スタイルなので、最初の自己紹介とプロフィールカードの書き方が大きなポイントになります。もちろん、他の婚活パーティーでも「上手な自己紹介」がカップリングの成功に必要です。

「自己紹介文」の書き方のポイント

プロフィールカード、自己紹介文はふたりの会話のきっかけとなります。当然の情報、氏名や年代、職種といったもの以外の部分こそが重要です。

通常のプチお見合い「自己紹介文」の書き方

・事前登録できるプチお見合いがおすすめ
自己紹介文の書き方に自信がない人は、パーティーパーティーでも「事前にプロフィールカードを登録できる」プチお見合いがオススメです。これならじっくり考えて、自己紹介文を記入できます。
・「趣味」「好きなもの」話題のきっかけになる部分に力を入れる
なんといっても、ふたりの会話のきっかけになるのが、趣味や好きなこと、休日の過ごし方、自己PR文です。この部分を充実させるのが重要なポイント。趣味がない!とあきらめず、
「週末はのんびりテレビでためておいたドラマを見る」
でも
「散歩」
でもいいのです。でも、ただ「散歩」と書くのはではなく、
「気分転換によく散歩します。歩きながら、新しい店をチェックしたり、本屋で新しい雑誌を見たり、路地裏探索も大好きです」
と、なるべく具体的に、相手があなたの普段の姿を想像できるように記入しましょう。そこから、質問がしやすい、話のきっかけとなります。
・自己紹介文で「自慢」は厳禁
自己紹介と言えば、例えば小学校の時に、クラス替えをして、自分の事を短く話した経験などがありませんか? この時に、「スポーツが得意で、リレーの選手です。今年もリレーの選手をめざします」という子もいれば、「スポーツが好きです。特にサッカーはチームに入ってプレーしています」という子もいたはず。子どもの頃なら、得意なアピールをしてもいいでしょうが、婚活では、あまりに自慢めいた自己PRはマイナスイメージです。大人になると、「コレができる、コレがスゴイ」というPRは、自信のあらわれよりも、自己満足として捉えられがちです。少し控え目、ぐらいがちょうどよいと思ったほうがいいかも。

タブレット婚活の「自己紹介文」の書き方

・手書きではないので字が汚い人も安心
パーティーパーティーでも、特に最近人気があるのが、タブレット婚活です。タブレットを利用していて、アプローチも簡単ですし、プロフィールカードも手書きではないので、字が汚い人も気になりません。ただ、打ち間違えには気をつけましょう。誤字脱字は注意不足で、相手によっては「知性」を疑われてしまいます。また、「適当に入力している、あまり真剣でないのかも」と誤解されてしまうのも残念ですから。
・繰り返し見る事ができるプロフィール「タブレット婚活」の特徴に気をつけよう
タブレット婚活のプロフィールカード、自己紹介文は、後から何度でも見る事ができます。実際に話した後、もう1度、相手の自己紹介文を見直すはず。実際の話題と自己紹介文があまりに違うと、違和感があります。見栄をはったり、嘘はつかず、ありのままに記入した方がいいですね

1対1&個室での自己紹介のポイント3つ

では、実際にお相手の人と会ったときの、最初の自己紹介のポイントを3つ紹介しましょう。

(1)アイコンタクトが重要
プチお見合いは、1対1で個室でお話します。つい恥ずかしくて、目をそらしてしまう人もいるようですが、個室だからこそ、お相手ときちんと目を合わせましょう。じっと見つめる必要はありませんが、「はじめまして、○○です」と名前を伝える時、自己紹介の最初のひと言こそ、しっかりと相手の顔を見て、伝えましょう。真剣さ、真面目さが、相手に伝わります。
(2)自分の話は短めに
長々と自己紹介をするのはNGです。プチお見合いは8分程度のトークタイムがあり、長い方ですが、その内3分も自己紹介をしていたら、あとは相手の話を聞いただけで終わってしまいますよ!せいぜい1分程度。プロフィールカードもあるのですから、名前と「よろしくお願いします」といった程度でも、充分です。プラスして、相手を印象づけるひと言があるとベストです。
(3)共通点をおりまぜて自己紹介する
その「相手に印象づける自己紹介」ですが、これは自分をアピールするよりも、「ふたりの相性ピッタリかも」と思ってもらえるような自己紹介の方がいいですね。プロフィールカードから、共通点をパッと見つけます。何も趣味が一緒でなくても大丈夫。
「同年代ですね、僕は平成生まれなんですが」
「保育士さんなんですね、今、甥っ子が3歳なんでがすごく可愛くて、よく実家にお土産もって会いに行くんです。子どもと遊んでると時間忘れちゃって」
と、いくらでも、「ヒモづけ」して、関連した話題から自己紹介をしましょう。

自己紹介でプチお見合いを完全攻略

パーティーパーティーのプチお見合いは、トークタイムが長めです。焦って、自分の氏名、年齢、趣味は……と、プロフィールカードを読み上げるような自己紹介よりは、もう少し肩の力をぬいて、「素顔はこんな感じです」アピールの方が好感度が高いですね。最低限の礼儀としての「挨拶と自己紹介」をしたら、後は自然な会話へ繋がるように意識した方がうまくいきます。

関連記事

未分類 今週参加できる「ノンスモーカー限定」婚活パーティー

今週参加できる「ノンスモーカー限定」婚活パーティー

「ノンスモーカー限定」婚活パーティー 結婚相手として、ノンスモーカー希望という男女が増えています。婚活パーティーに参加する=結婚相手を探している、わけですから、お相手に対して様々な条件があるでしょう。中でも「譲れない条件」として、相手が喫煙しない人、ノンスモーカーという人が多いん...

未分類 東京で大人気!PARTY☆PARTYで参加すべきオススメ婚活パーティー

東京で大人気!PARTY☆PARTYで参加すべきオススメ婚活パーティー

東京で開催中!人気のある婚活パーティーに参加してカップルになる! 大都市東京だからこそ、の、婚活パーティーがパーティーパーティーで、開催されています。例えば、埼玉、千葉、神奈川といったエリアからも、東京開催の「こんな婚活パーティーなら、ぜひ参加してみたい」わざわざ参加したくなる、...

未分類 婚活パーティー後「カップルになったら」その後の流れと真剣交際までのポイント

婚活パーティー後「カップルになったら」その後の流れと真剣交際までのポイント

婚活パーティー後「カップリングに成功!」その後の流れが重要 パーティーパーティーはカップリング率が高いのが評判です。では、婚活パーティーでカップルになれた後は? 婚活パーティー後のポイントをすべて教えます! 婚活パーティーでカップルになった後「デートに繋がるステップ3つ」 めでた...